2020-06-03から1日間の記事一覧

ER-phagyの制御因子としてFAM134Bを同定 (Nature 2015年6月3日号掲載論文)

結論から言うと、FAM134Bはオートファジー制御因子LC3/GAVARAPと結合してER-phagyを促進すること、FAM134Bの変異では、ER-phagyの不全によりストレス誘導性の細胞死が起こり、感覚神経の変性を導くことを示した論文。 本日は Regulation of endoplasmic reti…